2017年5月15日
平成29年暴力追放茨城県民大会の変更についてのお知らせ
  平成29年10月11日(水)平成29年暴力追放茨城県民大会を開催予定としていましたが、下記の通り日時・会場を変更致しました。
  すでに予定を立てられていた皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解とご協力をお願い致します。皆様の多くのご参加お待ち致しております。


日時 平成29年11月1日(水)
午後1時半から午後4時頃
会場 ひたちなか市文化会館 大ホール
ひたちなか市青葉町1番1号
参加予定人数 1200名

2017年2月20日
平成29年茨城県暴力追放運動ポスター・標語を募集します
  平成29年5月12日(金)まで、平成29年茨城県暴力追放運動ポスター・標語を募集します。皆様からのご応募をお待ちしております。

課 題
(ポスター・標語とも)
暴力団への加入阻止
応募のきまり
について
応募作品の裏面に住所、氏名(フリガナ)、年齢、電話番号、職業または学校名、学年を明記して下さい。

【全国統一ポスター】

デザインはB3判、A2判相当のヨコ描きで作成して下さい。
作品にスローガン(キャッチコピー)の文章は入れないで下さい。

【全国統一標語(キャッチコピー)】

暴力団への加入阻止などを広く県民に呼びかける内容で、暴力追放運動標語にふさわしいものとして下さい。
おおむね20文字以内として下さい。
締切りについて 平成29年5月12日(金)
応募方法
について
郵便・FAX・電子メールのいずれかの方法により、(公財)茨城県暴力追放推進センターに送付して下さい。

【郵便】

 〒310-0011
 茨城県水戸市三の丸1丁目5番38号
 茨城県三の丸庁舎
 (公財)茨城県暴力追放推進センター

【FAX】

 029-233-2140

【電子メール】

 info@boutsui-ibaraki.or.jp

暴力団追放運動ポスター・標語募集チラシをダウンロードできます。

【PDF】ポスター・標語チラシ
入賞決定と
発表について
入賞者は郵送にて通知します。
入賞者に対する表彰は、平成29年暴力追放茨城県民大会(10月11日)において行います。

入賞者は、最優秀1名/優秀賞2名/佳作若干名
となります。
作品の活用
について
本県センター及び茨城県警察主催の募集による入賞作品の中から、更に選ばれたポスター、標語を(公財)全国防犯協会連合会、全国暴力追放運動推進センターや警察庁が主催する全国暴力追放運動ポスター、標語の募集に応募とさせていただきます。
入賞作品等はポスターの他、チラシ、けんすい幕等暴排活動に活用します。
入賞作品の著作権は(公財)茨城県暴力追放推進センターに帰属させていただき、応募作品は原則として返却しません。
応募作品に係る個人情報は、他の目的のためには一切使用しません。

2016年10月12日
平成28年暴力追放茨城県民大会にご参加頂いた皆様へ
  平成28年暴力追放茨城県民大会にご参加頂きましてありがとうございました。これも偏に皆様方のご協力の賜と心より感謝申し上げます。 今後も、皆様方のご期待に応えられますよう専心努力をいたしますので、なお一層のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  また、平成29年暴力追放茨城県民大会は、平成29年10月11日(水)、午後1時30分より、県民文化センター大ホールにおいて開催予定です。 皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。
2014年4月9日
「適格都道府県センター認定」についてのお知らせ
  当公益財団法人茨城県暴力追放推進センターは、改正暴力団対策法に基づく「適格都道府県センター」として、国家公安委員会の認定を受けるための手続きをすすめておりましたが、平成26年2月27日付けをもって認定となりました。
  これにより、当暴追センターは、指定暴力団等の事務所の付近住民の皆さん方などから委託を受けて、皆さん方などに代わり、当センターが原告として、当該暴力団事務所を使用させないよう求める「使用差止請求訴訟」等を行うことができるようになりました。
  この制度ついて予想されるいくつかの質問にお答えします。
Q1  どのような場合に委託できるのですか?
  生命、身体、財産等を侵害されることなく平穏な日常生活を営む自由ないし権利は「人格権」といわれていますが、この人格権の受忍限度を超えて違法に侵害されている場合に、適格都道府県センターに委託することができるものです。例えば、対立抗争事件の発生等を想定しています。
Q2  手続きはどのようになりますか?
  まずは当センターに相談してください。当センターの規程に基づき、検討委員会による検討や民暴の弁護士等で構成される専門委員の意見を聞き、最終的には委託を受けるかどうかを理事会において決定します。受託が決定されると付近住民等との間で委託契約を結ぶこととなります。
Q3  委託をした付近住民等の名前は公表されますか?
  訴状の原告者名には、当センターの代表者の氏名が記載され、委託をした付近住民等の氏名も代表権を授与した者として訴状に記載されることになります。
Q4  訴訟費用はどうなりますか?
  当センターが委託契約に基づき、使用差止請求に要する費用を負担します。しかし、理事会の決議を経て、その実費の一部又は全部を委託者に請求することになります。
公益財団法人
茨城県暴力追放推進センター
〒310-0011 水戸市三の丸1-5-38 茨城県三の丸庁舎1F
TEL.029-228-0893
月曜日〜金曜日 9:00〜17:00(祝祭日を除く)
ホーム
ご相談窓口
27の禁止行為
対応要領12項目
責任者講習について
暴力団関連情報
賛助会員について
新着情報&イベント
茨城県暴追センター概要
茨城県警察署のご案内
全国暴追センターのご案内
お問い合わせ
サイトポリシー
プライバシーポリシー
Copyright (C) 2013 公益財団法人 茨城県暴力追放推進センター. All Rights Reserved.